2017-10

アルミペダル取付 - 2016.01.31 Sun [ edit ]

最初はあまり興味なかったのですが足元がちょっと寂しいなと思うようになり購入。
フットレスト部はフロアマットのままで取り付けしませんでした。
踏んだ感じは特に違和感はありません。
裏のゴムは別体です。
アクセル部分はいいですがブレーキ部分は両面テープやボンド等でアルミに貼った方がいいです。付属の4mmのボルトは妙にピカピカしてるし頭もナメ易かったのでホームセンターでステンレスのボルトを買い直しました。私はブレーキペダルのゴムの上から取り付けました。

商品のアップはこんな感じ。
ゴムの突起が結構出ていますが、運転してみるとそんなに気になりませんでした。

ゴムのイボはアルミとは別体です。
あらかじめ接着剤でアルミに貼り付けました。

車輌側はまずアクセルペダルを外します。
ペダル脇の赤◯2箇所のプラキャップをマイナスドライバーなどを使って外します。

中には10mmのボルトがあるので外します。

これでペダルが外れます。
ペダルにはカプラーが刺さっているのでこれも外します。
外した感じはうちにあるゲーム用のハンコンとあまり変わらないです(笑)

続いてブレーキのゴムを外します。
最初は手で少し浮かせてそこに内張り外しを突っ込んで外しました。
でも慣れれば手だけでも外せます。

これが外れたところ。
何でこのような凹みがあるんでしょうね。

ブレーキのゴムの裏側です。

アクセルペダルにアルミペダルを取付ます。
つま先側から穴あけしました。
ざっくり位置合わせをして1箇所基準になる穴をあけます。
ペダル裏は写真のようにリブが付いていてアルミペダルの穴の位置だとこのリブに当たるか当たらないかギリギリの位置でした。

付属のボルトナットで留めるとこんな感じです。

続いてアクセルペダルのカカト側です。
こちらは1箇所だけ狭くて指も入らず苦労しました。
結局、穴を小さめの3.5mmであけてナットを使わずにペダルに直接留めました。他の3箇所がしっかり留まっているので大丈夫でしょう。
ボルト先端がペダルをベタ踏みした時にペダル底部に干渉しないか確認もします。

付属のボルトは4mmのものでしたがとても安っぽくて頭もナメ易かったのでステンレスの20mmと25mm長さのものをホームセンターで買い直しました。
ボルトが長い時は電工ペンチを使ってカットしました。

これでアクセルペダル完成です。

>続いてブレーキペダルですがアルミペダルと合わせてみたところゴムを外さなくても大丈夫そうでした。
車輌側に変な凹凸があり、アルミペダル側のゴムのイボイボが凹みそうだったので元々のゴムの上から取付けることにしました。
赤◯3箇所が穴の位置です。

ゴムカバーを元に戻してから穴を開けます。
アクセルペダルは一番最後に着けた方が作業しやすいです。
ペダルが動かないよう裏に木槌を挟んで穴あけをしました。
ビットを1本折ってしまいました…
あと、アクセルのカプラーを外したままエンジンをかけるとエンジンチェックランプが点灯しますが、時間を置けば消えます。前の車でスロコンを着けた時同じ症状が出たのを思い出しました。
ちょっと焦りました(笑)
取付完了です。
皆さんの整備手帳を見てはいましたが、やはりブレーキに若干苦戦しました。
取付後は特に違和感なく運転しています。
フットレストはフロアマットのままにしていますが、今後どうしようか考え中です。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://colon426.blog28.fc2.com/tb.php/1002-6e927808
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

工具・小物・便利品 «  | BLOG TOP |  » 定期通院

ブログ内検索

管理用

プロフィール

Black

Author:Black
 微妙な世代のサラリーマン。
 相方と愛犬の3人暮らし。

最新記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる