FC2ブログ

2018-09

安藤忠雄展&建物見学に東京へ  - 2017.11.23 Thu [ edit ]

11/21~22にかけて建築家の安藤忠雄展を見に東京へ。
せっかく東京に行くのだから建物も見てくるようにとの指示で、少し古めのものが多いですが建物見学もしてきました。
前の会社ではこういった機会がなく、東京に行っても会議して飲んで帰ってくるだけだったので教育の一環ということで本当に有難いです。建築物を見るという意識がこれまでなかったので自分の知識や物を見るセンスの無さを痛感…


東京ビッグサイトでの展示会を見に行く途中、お台場で下車して昼食。
フジテレビ初めて見ました(笑)
TVで見てると周りは何も無い印象でしたがいろいろな施設がありました。

そして東京ビッグサイトで展示会。
面白そうな建材もありましたが大半はあまり現職では関係ないものが多かったです。

新木場にある木材会館
設計は日建設計です。
残念ながら中には入れません。RC造ですが化粧材に木材をふんだんに使っています。コンクリート外壁のディティールが面白いです。

次は葛西臨海公園の展望広場レストハウスへ。
写真の並木の奥に見えるカーテンウォールの建物がレストハウスですがとても綺麗でイイ雰囲気。

竣工後22年経っているので内部を見ればくたびれている部分もありますが、周囲との調和も取れていて特にこの日は天気が良かったこともありとても素敵でした。
鉄骨造とのことですが柱もなく、カーテンウォールのマリオンで支えているようです。マリオンはアルミではなく型鋼のようだったの何となく納得。機会があったら構造形式も調べてみたいです。

初日は慣れない大都会での移動でちょっとお疲れ。

お楽しみの夜食は同僚が行きたいと言っていたHootersで癒されました♪
とても楽しく、あっという間に時間が過ぎちゃいました。
お姉さんは盗撮NGですがお願いすればポージングして撮らせてくれます。
一緒に撮らないのぉ?と言われましたがいい歳したオッサンは恥ずかしいので遠慮しておきました(笑)

翌日は国立新美術館まで徒歩移動
六本木ヒルズです。
下層のエントランスの設えがバブリーな感じ。

国立新美術館へ到着
この建物を見るだけでも十分です。
内部空間とか、外壁のディティールとか私のようなボンクラ建築士には想像もつきません(笑)

いざ、安藤忠雄展へ
修学旅行生や老若男女、いろいろな人が観に来ていて驚きました。
内部は残念ながら殆ど撮影不可です。
この写真は屋外にあった光の教会の再現施設です。
わざわざ屋外に作っちゃうんだから凄いですね

ここは直島プロジェクトのスペース
展示手法やBGMの効果もあって、なんだかず~っと見ていられそうな不思議な感覚がありました。

展示を見た後は別の建物見学へ
通り道に東京ミッドタウンがありました。
流行りではありますが木調のルーバーが特徴的です。
外部のほかに、カーテンウォールのバックパネル部にも(多分)木調パネルが使われて入れ良いアクセントになっているなと思いました。

浅草に到着!
目的は浅草文化観光センター。
設計は国立競技場の件で知った方も多いと思われる隈研吾氏
パット見奇抜な形ですが周囲との違和感はあまり感じませんでした。周囲に人は多いですが建物内は意外と人がいませんでした。最上階が展望デッキになっているのでそこだけは人が居た印象。

展望デッキからスカイツリーがバッチリ見えます。

浅草雷門
平日なのに人が沢山居ましたが外国人と修学旅行生が多かったです。
浅草に来たのは25年ぶり。

浅草寺の天井画です。
存在を知らず、隣の人が話しているのを聞いて見てみると綺麗な天井画がありました。

また来年もいろいろ見学に来られるといいなぁ。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://colon426.blog28.fc2.com/tb.php/1153-45531d8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タイルカーペット敷き «  | BLOG TOP |  » 光熱費【2017年10月】

ブログ内検索

管理用

プロフィール

Black

Author:Black
 微妙な世代のサラリーマン。
 相方と愛犬の3人暮らし。

最新記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる