2017-10

スピーカーグリル再加工とツイーター取り付け - 2015.08.12 Wed [ edit ]

前に作業したスピーカーグリルのネットにシワが寄ってイマイチ。
何か無いかといろいろ徘徊していたらよさげなものを発見。
ホームオーディオのスピーカー自作時に使うFOSTEXのパイプダクトP76
これを加工して付けることにしました。
それにあわせてツイーターも追加することに。



まずはパイプダクトを短くカット。
ダクトについているリブの1段目がちょどいい高さでした。

スピーカーグリルはカッターで少しず穴を広げていきます。

裏側にあったリブ?みたいなものもカットしちゃいます。

穴はパイプダクトがギリギリ入る程度にカット調整。
サランネットなしだとこんな感じ。

↑の状態から今度はサランネットも押し込んみながら再調整。
写真のような感じでサランネットもバッチリ張れました。

裏側はこんな感じです。
サランネットは強いのでギチギチに引っ張っても大丈夫です。

余分なサランネットをカットし、パイプダクトが抜けないよう写真のようにボルトナットで固定します。
その後に吸音用のスポンジを貼り付けて完成です。

次にツイーターの設置です。
取り付けるのはカロッツェリアのTS-T420
amazonで3,700円と格安です。

コネクターの配置図です。

【左のスピーカー】
 SB⇒水色 +(プラス)
 L⇒青 -(マイナス)
【右のスピーカー】
 R⇒赤 +(プラス)
 V⇒紫 -(マイナス)

ツイーターの配線は図のように予め加工済みです。
でも、車両側の配線が短くてギボシを着けられそうにないので、スピーカーに直接半田付けで横取りします。

スピーカーを外します。
ドライバーが入らないので、写真のような低背のラチェットなど必要です。

外したBOSEスピーカーです。
コネクター脇の端子?部分に半田付けします。
写真左が-(マイナス)、右が+(プラス)です。

こんな感じで半田付けしました。

あとは車両側に取り付けておしまい。
配線はテサテープでビビリ対策をしました。

完成です。

別の角度から。
ハイハットの音などもかなりクリアに聞こえるようになりました。
今度はフロントドアのデッドニングしたいです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://colon426.blog28.fc2.com/tb.php/961-3ae2fccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

海岸線ドライブ «  | BLOG TOP |  » もう…ダメ…

ブログ内検索

管理用

プロフィール

Black

Author:Black
 微妙な世代のサラリーマン。
 相方と愛犬の3人暮らし。

最新記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる